厚生労働省認可の美白有効成分一覧を解説(色素沈着・黒ずみ)

約20種類の認可されている美白有効成分

「どうしても黒ずみと色素沈着を薄ピンク色にしたい!」という願いを叶えてくれるのが、認可されている有効成分です。

  • アルブチン
  • アンダーシールダー
  • 安定型ビタミンC誘導体
  • エナジーシグナルAMP
  • エラグ酸
  • カモミラ
  • ETグラブリジン
  • コウジ酸
  • ソフニングリリーサー
  • ディフェンスバイタライザー
  • トラネキサム酸
  • ニコチン酸アミド
  • ハイドロキノン
  • ビタミンC
  • ビタミンCエチル
  • ビタミンC誘導体
  • 白蓮果® HA
  • プラセンタエキス
  • マグノリグナン
  • 4MSK
  • リノール酸S
  • ルシノール≫イビサクリームの全成分はこちらから

 

色白美人を本気で目指すなら、美白有効成分をチェック!

デリケートゾーンやバストトップ、ワキの美白*2化粧品を選ぶ際に見極めたい有効成分があります。

≫イビサクリームの成分と使える全身の場所

デリケートゾーンやバストトップ美白*2に使われている7種類の美白*2成分を簡単に解説します。

*2:日焼けによるシミ、ソバカスを防ぐ

イビサクリーム 美白有効成分

美白有効成分 トラネキサム酸

美白有効成分やシミ、肝斑の治療でも使われていて、敏感肌でも使える美白有効成分として広く使われています。
安全性が高く、副作用はほとんど確認されていないようです。
イビサクリームにはこちらの成分が使われています。

美白有効成分 グリチルリチン酸ジカリウム

消炎効果や解毒作用、抗アレルギー作用などの効果があります。
皮膚科で処方される化粧品にも含まれています。

イビサクリームにはこちらの成分が使われています。

美白有効成分 アルブチン

ハイドロキノンと糖分を結合させた成分です。
メラニンの活性化を促すチロシナーゼ酵素の働きを抑制する効果があります。

美白有効成分 ルミキシルペプチド

ハイドロキノンにもあるチロシナーゼの抑制効果がハイドロキノンの約17倍!
メラニン抑制には非常に高い効果を発揮する成分です。次のターンオーバーを考えた長期的な美白*2に有効な成分です。

美白有効成分 ハイドロキノン

ハイドロキノンはメラニン色素の生成を抑える働き、メラニン細胞を作る「メラノサイト」を減少させる働きを持っています。2%以上の濃度のものは医師の処方が必要です。

美白有効成分 プラセンタ

抗炎症作用、活性酸素除去作用があります。
メラニン色素の生産を阻害出来る働きがあり、メラニン色素の産生に深く関わるチロシナーゼを抑える作用があります。

美白有効成分 ビタミンC誘導体

ビタミンCの安定性、あるいは皮ふへの吸収性を改善した成分

 

自分で美白*2クリームを選ぶ場合は、有効成分をチェックしてください。

一押しの色白美人クリームは、デリケートゾーンにも顔にも併用して使うことが出来るイビサクリームです。

 

≫全身色白が実現出来るクリーム

 

コメント

  1. […] ≫厚生労働省認定の成分についてはこちら […]

  2. […] ≫厚生労働省認可の美白成分 […]

  3. […] ≫厚生労働省の認可薬はこちら […]

  4. […] ≫厚生労働省が認可している美白有効成分の一覧 […]