【イビサクリーム】と【アットベリー】どっちがいいのか、効果を徹底比較!

アットベリーとイビサクリームを徹底比較しました。

  • イビサクリームは「ブラジリアンWAXのサロン」の開発アイテム
  • アットベリーはワキのケアクリームとして誕生した保湿重視のクリーム

 

ともに医薬部外品で全身に使うことが出来るクリームです。

イビサクリーム黒ずみケアを目的としたクリーム
アットベリーはワキの匂いも一緒にケアする保湿重視の美白*2クリームです。

 

 

イビサクリームVSアットベリー比較表

 

イビサクリーム アットベリープレミアム
種別 医薬部外品 医薬部外品
美白有効成分 トラネキサム酸
厚生労働省が「美白*2効果」ありと認めた成分!
メラニン色素の生成を抑制し、抗炎症作用もあるので肌荒れ抑制にも効果を発揮グリチルリチン酸ジカリウム
高い抗炎症作用があるので、肌荒れ抑制。肌荒れやニキビのケアに効果を発揮するため、日焼け止めや化粧水、風邪薬などにも使われる。
水溶性プラセンタエキス
プラセンタには毛穴の開きをケアする成分が含まれていて、新陳代謝の促進などの効果グリチルリチン酸ジカリウム
高い抗炎症作用があるので、肌荒れ抑制。肌荒れやニキビのケアに効果を発揮するため、日焼け止めや化粧水、風邪薬などにも使われる。
保湿成分
  • ヒアルロン酸ナトリウム(2)
  • グリセリン
  • ローズ水
  • 天然ビタミンE
  • 美白*2ナノ化成分(党参抽出物加水分解液、カモミラエキス-1、アルピニアカツマダイ種子エキス)
  • 糖化ケアナノ化成分(サクラ葉抽出液、ウメ果実エキス、大豆エキス)
  • アロエエキス
  • シャクヤクエキス
  • 人参エキス
  • クララエキスなど
顧客満足度 96.7% 93.1%
使える場所
  • 全身
  • デリケートゾーン
  • バストトップ
  • デコルト
  • 背中
  • ワキ
  • ワキのぶつぶつ
  • ヒジ
  • 二の腕
  • ヒザ
  • お尻
  • 太もも
  • くるぶし
  • 顔の(小鼻)
  • ニキビ
  • 肌荒れなど
使用禁止部位 粘膜
小陰唇(ビラビラ)と肛門など
粘膜部分
値段(単品) 7,000円(送料無料) 6,800円+送料650円
定期購入価格 1ヶ月目29%OFF:4,970円
2か月目29%OFF:4,970円
3か月目36%OFF:4,480円(最安値!)
1ヶ月目:2,980円
2か月目:5,440円
3か月目:5,440円
返金保証 あり(28日間) あり(180日間)
内容量 35g 60g

*2:日焼けによるシミ、ソバカスを防ぐ

 

 

まとめ

イビサクリームは黒ずみや色素沈着に効果のある成分を厳選しています。

アットベリーは黒ずみというよりは、保湿重視で保湿することによって肌の生まれ変わりを促すような成分になっています。

定期購入の値段はイビサクリームの方がお得です。
内容量はアットベリーの方がお得です。

 

イビサクリームはブラジリアンワックス専門店(Ibisa wax)が作ったクリームです。
黒ずみで悩む実際のユーザーの気持ちが反映しているクリームだと思います。

2種類の美白*2有効成分と保湿成分などによって敏感肌の方でも安心して使えますね。

 

イビサクリームの方が値段的にも安い!
美白*2成分と開発会社の信頼性も考えて
わたしの一押しはイビサクリームです♪

 

 

 

 

コメント